<< くるり / TEAM ROCK ('01) | main | Small Circle of Friends / “93BEST97.”('99) >>

スポンサーサイト

  • 2009.03.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


くるり / アンテナ ('04), NIKKI ('05)


くるり,岸田繁
ビクターエンタテインメント
¥ 1,969
(2004-03-10)

くるり
ビクターエンタテインメント
¥ 2,370
(2005-11-23)

昔は『図鑑』が一番好きだったけど、今はちょっとしんどい。あのオルタナティヴな臭気が。トムヨークなベンズが。今は『アンテナ』と『NIKKI』がしっくりきます。

『アンテナ』の発売前はぼくがかなりくるりに入れ込んでいた時期で、新作への期待に胸を膨らませてもいたんだけど、そんなときに出た『HOW TO GO』の肩透かし感ったらなかった。ワンダーフォーゲルみたいなやつがよかったのに・・完全にハズされた、けど、あれはあれでスロウなロックが衝撃的な名曲でした。ワンダーフォーゲルのほうが好きだったけど・・・当時メンバーにいたクリストファーとかいう小太りの外人がおかしくて仕方がなかった。なんか明らかに「くるり」ってヴィジュアルじゃなかった。

『NIKKI』は出た当時「浅っ」と思ってた気がする。ワンダーフォーゲルのほうがいいじゃん・・って。周りで評判は良かったしミュージックマガジンの年間ベストアルバムでもロック(日本)部門で1位だったけど、誰が釣られるかアホとぼくは頑なに購入を拒否していた気がする。3年越しに認めるけれど、あれは完全なぼくの思い違いであった。ウィキペディアを見ると『オリコンの調査によると、このアルバムのリリース後、40代男性のくるりに対する興味・関心度が大きく伸びている。』ってところになんか笑った。おじさんが飛びついちゃうほど、確かに古き良き英国ロックを基盤にしたっぽい音作り。とはいえ、この『NIKKI』でも『アンテナ』以降のくるりならではの節みたいなものが相変わらず利いていてちゃんと日本的な作風に仕上がっているところはさすが京都のバンド。京都に住みたい。本当に。

スポンサーサイト

  • 2009.03.09 Monday
  • -
  • 11:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
archives
selected entries
recent comment
profile
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM